骨盤の歪みの影響|お腹がぽっこりしている方必見!!その対策とは??

骨盤の歪みの影響|ぽっこりお腹が気になっている方のために対策法をいろいろとご紹介します!!
MENU

骨盤の歪みの影響:ぽっこりお腹や便秘、冷え症になりやすくなる

女性の骨盤は内臓などを支えるように出来ていますが、これが日々の生活習慣で歪んでしまうと、男性よりも子宮や卵巣といった臓器が多いために筋力だけでは支えきれず、重力に従って下に垂れ下がるようになってきます。

 

骨盤

 

臓器が下腹部に集中することでぽっこりお腹ができてしまい、便秘などで下腹部が膨らんでいると勘違いしてしまいます。

 

骨盤はちょっとした力を加える程度では変わることはありませんが、いつも同じ足の組み方をしていたり、長時間のデスクワーク、女性特有の座り方、その他にも独特の姿勢をとるといったことを毎日のように行うことで、力が加わり長い年月をかけて少しずつ骨盤が歪みはじめます。

 

そのまま放置していると内臓が垂れ下がるだけでなく、腰痛やO脚の原因になったり、便秘や冷え性が起こりやすくなってしまいます。

 

 

骨盤の歪みはズレを治す体操やマッサージなどで修正していくことも可能ですが、やはり時間をかけて狂ってきたためか、すぐに元に戻すということはできません。

 

 

かけた時間だけ同じように修正するのが骨盤を治すのがポイントとなるので、同じように日常的に修正することが必要になります。

 

マッサージなどは一時的にしか行えないので、骨盤を治すなら骨盤矯正下着を準備するのもひとつの手です。

 

こうしたグッズなら付けているだけで日常的に姿勢を正すことができるので、狂ってしまった時間の分だけ使えばしっかりと補正することができるというものです。

 

 

骨盤の歪みを矯正すると、生理のリズムが整ったり、不妊が解消されたという話もあるので、最近調子が悪くなってきたなと思ったら骨盤の歪みを疑ってみましょう。

このページの先頭へ